【詩】宿題

宿題

年が暮れる頃合いの空は
どこかに何かを置き忘れたように
ぽっかりと穏やかだ
冷たい風が耳を打つ
いつかの宿題を思い出したみたいに
一足跨ぐその前に駆け込むことを
もはや諦めたその時から
代り映えしない日常をあえて上書きしてみる
休める時には休もうよ
乾いた息がもうすぐ賑わう
熱灯る夜明けがまたやってくる

"【詩】宿題", 5 out of 5 based on 1 ratings.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。